自分基準

自分の思ったことを気ままにメモ代わりに書いていこうかと

ワイヤレスイヤホンのDotが届いたので感想

Bluetoothのイヤホンはいくらでも売っているが左右のケーブルまでがワイヤレスイヤホンはあまり数はなく、前にクラウドファンディングで出資を募っていたのがようやく届いたのでその感想

f:id:nisiki_satika:20170224122535j:plain

完全ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンはかなり前から数多くの製品が販売されているが今回のイヤホンは左右のケーブルもBluetoothで接続されているので首の周りにケーブルがかかるどころか線の1本も存在しない、耳栓サイズのイヤホンである。

メリットとしては左右を繋いでいないので非常にコンパクトになる。またケーブルが存在んしないのでコートやマフラー、バッグをかけるときに絡まることもなくスムーズに利用することが出来る。

デメリットとしてはメリットしでも上げたようにコンパクトになるのでとても失くしやすいところと、小さいためバッテリーが搭載できるスペースがなく利用できる時間が短いところである。

f:id:nisiki_satika:20170224125029j:plain

パッケージと製品

パッケージの外観は最初に上げたと通りで開けると製品が見える。

f:id:nisiki_satika:20170224122711j:plain

パッケージの扉(?)の磁石の部分はセロテープで止めてあってチープ感はある。

f:id:nisiki_satika:20170224122815j:plain

製品がのサイズは想像よりもコンパクトであった。近い物としては充電器が口紅サイズでイヤホンは本当に耳栓と同じくらいだと思う。 写真は比較対象としてUSBメモリと一緒に撮影。

f:id:nisiki_satika:20170224123101j:plain

付属品は取扱説明書、カナルイヤホンのラバー、充電器とつなぐUSBケーブル、充電器と本体であった。

f:id:nisiki_satika:20170224123509j:plain

f:id:nisiki_satika:20170224123514j:plain

比較対象に再度USBメモリを置いているが付属のUSBケーブルは非常に短い。

充電器と本体

充電器にはバッテリーが内蔵されているのでこれに入れておくと本体に充電されていく。

f:id:nisiki_satika:20170224123848j:plain

充電器は半分くらいの位置で開けることができここにUSBケーブルを繋いでバッテリーに充電してく。

f:id:nisiki_satika:20170224123914j:plain

外し方は磁石でくっついているので少し力を入れれば外れる。

f:id:nisiki_satika:20170224124042j:plain

USBケーブルを繋ぐところ。

f:id:nisiki_satika:20170224124056j:plain

磁石で繋がっている。

イヤホンを充電する箇所はバッテリーの左右端に置くと充電ができるらしい。

f:id:nisiki_satika:20170224124243j:plain

使い方と使用感

電源の入れ方は説明書にある通り4秒間押し続けると電源が入るので簡単である。

f:id:nisiki_satika:20170224124354j:plain

左右のイヤホンのペアリングは電源ボタンを6秒間押し付けると良いらしい。

f:id:nisiki_satika:20170224124735j:plain

成功すると英語でConnecting(?)とか言われるので耳に入れて押したほうが成功したかがわかりやすい。 ただ説明書では6秒とあるが実際には10秒前後押していた感じはした。(途中で何回かピッとか鳴った)

あとはスマホなりウォークマンなりとペアリングすれば利用することが出来る。

音質としてはあまり期待していなかったのだが、想像よりも遥かに綺麗に聞くことが出来る。 装着感も通常のイヤホンと同じで全く違和感なく付けることが出来る。

デメリットの使用時間の短さだが、今のところは問題なく利用できており実際にどのくらい使えるのかは分からない。

全体としては全く問題なくとてもおすすめ出来る製品だと思える。

宮島へ紅葉を見に行ってきた

せっかくカメラの趣味を始めたのだから紅葉が撮りたいと思い宮島へ紅葉を取りに行ってきたのだが忙しく全然ブログに書けなかったので今更ながら記述しようと思う。

宮島

宮島は広島県にある島の一つで日本三景にもなっている絶好の観光名所である。 紅葉の観光地といえば様々な有名スポットがあるが宮島もとても有名な観光地の1つである。

恥ずかしながら宮島の通称でもある安芸の宮島だが今まで秋の宮島と勘違をしていた。

だって紅葉で有名なんだもん…

ルート

宮島へはとりあえずJRで広島駅に行きそこから乗り換えて宮島口まで向かった。

そこからはフェリーが出ているので乗り換えて到着である。

f:id:nisiki_satika:20161226030953p:plain

f:id:nisiki_satika:20161226031102j:plain

JR宮島口からフェリーが乗り場までは徒歩で10分もかからなかったと思う。

f:id:nisiki_satika:20161226031220j:plain

フェリーで宮島

フェリーに乗って宮島へ行くのだがこれも思ったよりも早く着いたと思う。(前過ぎてあまり正確に覚えていなのだが多分10分程度だったと思う)

フェリーに乗っていると段々と宮島が見えてくる。 f:id:nisiki_satika:20161226031525j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226031530j:plain

厳島神社と思われる鳥居が見えるが山全体を見てもとても綺麗で広角レンズが欲しくなる風景だった。

宮島へ

宮島へ着くといたる観光地にある歓迎の謎のオブジェが建っており少し歩くると案内の看板があった。

f:id:nisiki_satika:20161226031827j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226031948j:plain

看板には紅葉谷まで1kmとあるがむしろそこからが長い道のりなわけだが、どうやらロープウェイがあるらしいので実際には然程長い距離を登山しなくても大丈夫らしい。 宮島には厳島神社もあるのだが、行った時間が遅かったのもあって見ることができなかった…

また宮島ではしゃもじが有名らしくメチャクチャデカイしゃもじがあったのだがこれはどんなサイズの樹木を使ったのだろうか。

f:id:nisiki_satika:20161226032409j:plain

厳島神社の鳥居

少し道なりに歩くと有名な厳島神社の鳥居が見えてくる。やはり神社なだけあり様々なところに石灯籠が建っているのでそれを入れて撮ってみた。

f:id:nisiki_satika:20161226032754j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226032758j:plain

紅葉前に

紅葉を見る前にいろいろなお店などがあったので草餅を買って食べたのだが、白とよもぎの2種類でタレも味噌とあんこの2つだったのだが何故か私はよもぎに味噌を選んでしまった。 けっして不味くはなく美味しかったのだが味噌にするなら白に、よもぎならあんこにすればよかったと注文してから後悔した。

f:id:nisiki_satika:20161226033259j:plain

他には五重塔らしきものやよく分からないが古そうな建築物もあった。

f:id:nisiki_satika:20161226033432j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226033441j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226033447j:plain

紅葉

紅葉みに来たのだが時期が少し早かったのかいくらかまだ青い葉もあり後1週間でも遅らせればよかったかなと思えた。

f:id:nisiki_satika:20161226033917j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226033933j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226033947j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034007j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034033j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034105j:plain

むろん綺麗に色づいていた紅葉もあった。

f:id:nisiki_satika:20161226034243j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034258j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034311j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034331j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034344j:plain

これらなんかはとても真っ赤に染まっていてお気に入りである。

f:id:nisiki_satika:20161226034352j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034753j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034804j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226034816j:plain

紅葉以外

紅葉以外にもいくつかお気に入りの風景を撮ることができた。

f:id:nisiki_satika:20161226034626j:plain f:id:nisiki_satika:20161226034635j:plain f:id:nisiki_satika:20161226034630j:plain

人力車も走っていて実際に乗れるみたいである。

f:id:nisiki_satika:20161226034639j:plain

その他、紅葉以外の自然

f:id:nisiki_satika:20161226035104j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226035118j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226035109j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226035125j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226035131j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226035137j:plain

宮島にいた生物

宮島といえば鹿であるがかなりの数がいた。ちなみに何か食べてると寄ってきて食われる可能性があり要注意である。(パンフレットの紙も食う)

f:id:nisiki_satika:20161226035548j:plain

何か食べてるのか口を動かしている鹿 f:id:nisiki_satika:20161226035601j:plain

危険なのか角を切られてしまった鹿 f:id:nisiki_satika:20161226035609j:plain

少し悲しげにも見える f:id:nisiki_satika:20161226035615j:plain

ゴミ箱を漁る鹿 f:id:nisiki_satika:20161226035554j:plain

鹿の生み出したゴミ f:id:nisiki_satika:20161226041110j:plain

鹿以外には鯉がところどころいた

鹿は観光客の食べ物を勝手に食べたり貰ったり(ちなみに1度でもあげると餌をくれる人認定されてずっと付きまとわれるので注意が必要。※追いかけられている人がいた)するが鯉はどの様に餌を得ているのだろうか? 私の記憶では売っていなかったと思う。

f:id:nisiki_satika:20161226035951j:plain

お気に入りの写真

何百枚と撮影したが私個人的にお気に入りの写真は以下の3枚である。

f:id:nisiki_satika:20161226040707j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226040719j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226040713j:plain

何をしていたのかは知らないがおそらく、自撮りを使用とカメラを置いている人がいてその風景が妙にツボったので撮影した。 何だかよく言い表せないが自然の中にぽつんと置かれたカメラが何となく個人的にお気に入りである。

ふるさと納税をしてカメラの三脚を貰った

ここ近年いろいろなところでふるさと納税の特集などを見かけているが今までやったことがなく、ずっといつかやろういつかやろうと思いながらしていなかったのだがなんと御礼の品にカメラの三脚をくれる自治体があると知ったので思いっきてやってみた。

御礼の品:SLIKのスプリント MINI II GM N

今回、ふるさと納税をした自治体は埼玉県日高市である。御礼の品はカメラの三脚で商品は「SLIKのスプリント MINI II GM N」

メーカー小売希望価格は19000円だがAmazonで買うと13000円程で買える。

f:id:nisiki_satika:20161226005709j:plain

サイズ的には以下の様な感じで52mmのレンズキャップを置いて撮影

f:id:nisiki_satika:20161226010025j:plain

最小サイズで立脚させるとこのような感じに

f:id:nisiki_satika:20161226010251j:plain EV無し

f:id:nisiki_satika:20161226010306j:plain EV有り

サイズ感がわからないので単一電池を横において再度撮影

f:id:nisiki_satika:20161226010539j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226010543j:plain

最大まで伸ばした状態で撮影

f:id:nisiki_satika:20161226010806j:plain

f:id:nisiki_satika:20161226010809j:plain 単一だけだとサイズが分かりにくいので30cm定規を横において撮影

ふるさと納税先:日高市

今回、寄付した先は埼玉県日高市ではあるが私はここの出身でもないしましてや行ったこともない。 それでも寄付すればこの様に御礼の品を貰うことができる。

この様に御礼の品で釣って寄付を集めるのに様々な意見があるが私は一向にかまわないと思う。

もし自分の住んでいる街や出身地のみに限定してしまえば多分私は寄付しなかったと思うし、今回の件で日高市がどこにあるのかを初めて知ったし彼岸花で綺麗な観光スポットがあることも知った。 せっかくカメラを趣味として始めたのだからいつか行って撮影してみたくもなった。

申込から届くまで

ふるさと納税を初めてしたわけだが様々なところで分かりやすく解説されているので全然難しくなく本当にこれであっているのか心配である。(できているかは次の税金がきちんと控除されているかしか私は確認の仕方を知らない)

行うにあたって一番気になったのは御礼の品はいつ届くのだろうか?であったのだが、これは自治体にもよるであろうしその時期の申込混み具合でいくらでも変わってしまうと思うが参考として私が申込んだのは12月3日にクレジットカードで支払っている。

それから御礼の品が届いたのは12月14日であったので参考までに。

また何でかは知らないが自分が申し込んだ品が今は何故か消えてしまっている。Amazonでも暫く売り切れみたいなので人気なのだろうか?

株主優待と配当金が届いた

やりたいことリストの中に配当金を受け取る事と株主優待を受け取る事を上げていて届いたので公開。

※優待自体は随分前に届いていたのだが忙しく書く暇が無かった…

どどいた株主優待

今回、届いた株主優待は2つで1つは丸善の商品券、もう一つは平和不動産から1000円分のクオカードが届いた。

f:id:nisiki_satika:20161224203640j:plain

f:id:nisiki_satika:20161224203717j:plain

f:id:nisiki_satika:20161224203721j:plain

また、平和不動産からは配当金も届いた。

f:id:nisiki_satika:20161224203855j:plain

金額は1株13円で100株なので1300円になるが、所得税が15.315%と住民税が5.00%かかるらしく各199円と65円が引かれて1036円になった。

優待を来れた会社

丸善CHIホールディングス

丸善の方は多分ほとんどの人が知っていると思う。

正式名称は「丸善CHIホールディングス」で名前の通り丸善の経営をしている。他にもジュンク堂や私は残念ながらまだ使ったこと無いが電子書籍のhontoなども行っている。

丸善から届いた優待は先にも述べたとおり1000円分の商品券である。残念ながら丸善の方には配当金は無かったので貰えるインカムゲインは商品券で1000円分という事になるが、 私が丸善の株を買ったときの株価が大体360円前後だったと思うので約3万6千円で年に1回、1000円分の商品券貰えるので優待利回りとしては

1000÷36000 ≒ 0.027

で約2.7%になる。

購入出来るものが本に限られているが、絶対に本を購入する人にとっては(年間1000円も買わない人なんていないと思うので基本的に誰にでも)オススメだと思う。

平和不動産

もう一方の平和不動産であるが、こちらはあまり知られていないと思う。 というよりも株を買った私自身、この会社が何をしているのかよく知らない。名前からすると不動産関係の会社なのだろうというくらいの知識しかない。

こちらから届いた優待は1000円分のクオカードで私が買ったときの株価が大体1400円だったので約14万円で

1000÷140000 ≒ 0.007

で約0.7%の優待利回りとなる。

さらにこちらは配当金もあるので

1300÷140000 ≒ 0.009

で約0.9%の利回り(税引前)が年2回貰えるので約1.8%の利回りとなる。

しかし、それよりも私が今回優待をGETするために買ったときの金額が1402円であった。それがトランプ氏の勝利が株価を上げているのかただ単に好調なのかは知らないが22日の終値で1653円にまで上がっていた。 残念ながら今回、優待の利益確定日に売却してしまったのでキャピタルゲインは無いのだが、もし売らずに持っていたらもっと利益が出ていたと思う残念である…

一眼レフカメラを買ったがとっても楽しい

以前より一眼レフカメラが興味があり欲しかったので、思い切って買ってみたのだがコレが想像していた以上に面白かった。

スマホじゃ駄目なのか

 わざわざカメラなんか買わなくてもはるか以前より携帯電話にカメラは搭載されているし近年のスマホのカメラはとても綺麗に撮ることが出来るのにもかかわらず何故一眼レフカメラを買ったかと言われれば、 それはなんかプロっぽい写真が撮れそうだからという適当な理由でしかない。

むしろスマホのカメラすらほとんど利用していないのに一眼レフカメラだとやっぱり違うんでしょーという安易な発想しかなかった。

それでもカメラ初心者の僕ですら非常に楽しめる代物でありながら、とても奥が深く趣味となるので一眼レフカメラは買う価値があるものだと思う。

買ったカメラ

 今回買ったカメラは本当に初心者用のNikonのD3300というものである。 先にも書いたが、カメラを買ってコレが撮りたいという心情で始めたわけでは無いので特に考えもなく、「ずっと続けるかどうかも不明だし一番安いのでいいや」という理由で選んだのがコレである。

f:id:nisiki_satika:20161210215907j:plain

だが、初心者向けであってもきちんとした一眼レフカメラであることには違いはなくとても楽しめる代物である。

一眼レフの良いとろこ①:ズームしても綺麗

 スマホカメラでもズームして撮影することは可能だが、スマホやコンパクトデジタルカメラはセンサーが捉えた映像を引き伸ばして拡大するデジタルズームになるのに対して一眼レフカメラはレンズの焦点距離を変化させて撮るため画質の劣化が無く綺麗に撮ることが出来る。

f:id:nisiki_satika:20161210223842j:plain

スマホで等倍撮影

f:id:nisiki_satika:20161210223930j:plain

一眼レフカメラ(D3300レンズキットで18mm)で撮影

引いた状態ではあまり違いがないようにみえる。

f:id:nisiki_satika:20161210224143j:plain

スマホでズームして撮影

f:id:nisiki_satika:20161210224240j:plain

一眼レフカメラ(D3300レンズキットで55mm)で撮影

ズームしてみるとスマホ方がより寄って撮影できている様に見えるが拡大してみると違いが分かる。

f:id:nisiki_satika:20161210224505p:plain

f:id:nisiki_satika:20161210224533p:plain

スマホの方はノイズが走っているのが見えてしまっている。 ただ解像度の違いなどがあり全く同じ条件で撮影できていないのだが、いまいちスマホ側の設定が分からず普段使っている方法で撮影した。

一眼レフの良いとろこ②:ぼかした写真が撮れる

 ぼかした写真が簡単に撮ることができ、コレがとても楽しくなんかそれっぽい写真にすることが出来るのである。

 ボケとはピントが対象にのみあっている状態で背景などはピントが合わずぼかすことにより撮影対象をより目立たせる方法のことである。

f:id:nisiki_satika:20161210235750j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211001258j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211001654j:plain

背景がボケて対象がより目立つようにみえる。

f:id:nisiki_satika:20161211000111j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211000115j:plain

前ボケと後ボケ:ボケ対象を変えることで注目させるところも変えることができる。

一眼レフの良いとろこ③:設定次第で雰囲気や明るさを変えられる

 スマホのカメラでもWB(ホワイトバランス)や照明の設定を変えることで撮った写真の雰囲気を変えることができるが、これに加えて一眼レフカメラでは暗いところや明るすぎるところでも設定をキチンとすれば全く違う写真を撮ることができる。

f:id:nisiki_satika:20161211002420j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211002452j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211002606j:plain

照明の設定を変えてみた;同じ風景なのに全く違う季節、天気に見える。

f:id:nisiki_satika:20161211002821j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211002815j:plain

シャッタースピード等の設定の違い

この2つの写真は同じ時間に撮影したのに陽の光が全く違って見える。

下記の写真に至っては日中に撮影した風に見えるが

f:id:nisiki_satika:20161211003103j:plain

実際には下記のように真っ暗な時間帯に撮影している。

f:id:nisiki_satika:20161211003220j:plain

シャッタースピードの設定では他に下記のように噴水など、水の流れを撮影すると大きく違う写真を取ることも可能である

f:id:nisiki_satika:20161211003424j:plain

f:id:nisiki_satika:20161211003425j:plain

上の写真は、数百から数千分の一秒を撮影しているので噴水の水の一瞬を切り出すことができる、下の画像は数秒かけて撮影しているため水の流れが繋がっているように見える。

しかし下の画像は数秒間、撮影しているため少しでも動くとブレてしまうことが多く背景も少しそのようになっている。そのため撮影する際には三脚で固定するか何処かにおいて撮影する必要がある。

楽しい

 以上のように初心者である僕ですら様々写真が撮ることができ、とても面白く奥が深い。 今後も様々な写真を取りたくなる。

JR九州のIPOにチャレンジしてみた結果

やりたいことリストにIPOに当選すると入れているので何度か申し込んでいるのだが今回、とても大きな案件であるJR九州が本日上場したこともありそれに関する結果。

IPOとは

IPOとはInitial Public Offeringの略で、新規公開株と呼ばれている。

株は日本であれば東京証券取引所という所で売買されているのだがここで売買される様になる事を上場という。 東京証券取引所(以下、東証)ではいくつかの区分がありそれぞれ東証1部、東証2部などと呼ばれている。他にはマザーズやジャスダックなどのベンチャー企業が上場するところもある。

上場するメリット
  • 上場するのに決まりがあるので会社は融資などが受けやすくなる
  • 知名度が上がる
  • 社員が儲かる

東証に上場するのには満たしていればならない基準があるので上場しているだけである程度の信用を築くことができ、社会的信用があれば会社運営の資金等も調達しやすくなる。 また知名度が上がることにより宣伝にもなる。他には社員に対して決められた価格で株を購入する権利を与えることが出来るので社員の士気が上がる。

上場するデメリット
  • 決算報告が必要
  • 利益を追求していく必要がある
  • 上場維持費用がかかる
  • 買収されるおそれがある

上場する基準の1つとして決められた期間ごとに決算報告を開示しなけれはならない、それを用意するには監査等を受けたりしなければならないので費用がかかってしまう。

ほかには株式は会社の社員権なのである程度保有されてしまうと経営権を取られる可能性がある。 また買収とまでは行かなくとも株主総会や大口の株主から以前よりも更なる利益を上げるよう要求されてしまうこともあるので短期的な損失や以前と同様の利益のままではいかなくなる。

JR九州の場合

このような利点や欠点から総合的に経営者が判断し上場を目指すか決まるので中には超大手なのにもかかわらず株主からの圧力を嫌がり上場していない会社などもある。

だが、JR九州の場合は若干異なり元々は国鉄なので国の事業であったがそれが民営化たものの借金の問題から国が今までずーっと保有しているという状態であった。 それが今回晴れて上場をはたし北海道、四国、九州のいわゆる「三島会社」では初の完全民営化になった。

国の管理下から抜け出したのでこれからの事業を行う際に国の認可が必要なくなり以前よりスムーズな経営ができるようになるかもしれない。

IPOの購入

そんなIPOではあるが購入するには条件がある。それは当選することである。

新規公開株は各証券会社から購入することが出来るが大半の場合、公開価格より値上がりするので応募が殺到し抽選になってしまう。

それでも今回のJR九州の売り出し枚数は今年一番多く当選するチャンスであった。

申し込んだ証券会社

通常のIPOでは主幹事が1社でその他に5社前後の証券会社が取り扱うが今回はほとんど全ての証券会社が取り扱った。

その中で申し込んだのはSBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券会社、岡三証券、松井証券、カブドットコム証券の6社に申し込んだ。

費用

IPOを申し込むにも基本的にお金が必要である。これは手数料などではなく上昇する株を買うのでその株価分の資金が必要なのである。

今回のJR九州の公募価格は最大2600円であった。(最大と書いたがほとんどのIPOは最大価格で決定してしまう。) そしてJR九州の売買単位は100株単位なので、26万円を購入するために必要になる。

証券会社によっていろいろ異なる

ここでIPOを申し込むのにいくつかのタイプに証券会社は別れる。

1つは申し込み(抽選)の段階で費用が必要な証券会社と申込の際には費用がいらない証券会社である。

私が申し込んだ6社の中で申し込みの段階で資金が不要なのは岡三証券であった。 その他のマネックス証券とSMBC日興証券は申し込みの段階で必要であった。 SBI証券とカブドットコム証券、松井証券は申し込みの段階では不要であるが抽選の際には入金しておく必要がある。

そしてカブドットコム証券と松井証券は他の証券と違い抽選結果がでるのが遅いのである。

申込

私にたくさんの資金があれば様々な証券会社に片っ端から申し込んだのだが残念ながら私は貧乏なので今回は3社の78万円(26×3)が精一杯であった。

そのため今回はこの様に申し込んだ。

締切はどこの証券会社も10月14日であった。そして抽選結果が17日に発表されるのがSBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券と岡三証券証券の4社である。

この中で岡三証券は申し込みの段階で資金がいらないので申込だけ行った。

一方でカブドットコム証券と松井証券は抽選結果が遅い21日だったので先にカブドットコム証券に申込一旦出金。

次に差にほどの4社の内、岡三証券以外の証券会社に申し込みをした。その後、抽選結果から落選していたら即座に出金し岡三証券を含む3社に移す方法にした。

結果

書き方からして分かって入ると思うが結果としてこうなった。

17日抽選

  • SBI証券…落選
  • SMBC日興証券…補欠当選(という名の落選):すぐに出金し松井証券に資金を移動
  • マネックス証券…落選:すぐに出金しカブドットコム証券に資金を移動
  • 岡三証券…補欠(どうせ繰上げ当選はないので諦めた)

21日抽選

  • カブドットコム証券…落選
  • 松井証券…落選失効

全部当たらない…

ネットを見てると500株以上当たっている人もいるようなのでとても残念である。

証券会社によっては資金により当選確率が変わるので貧乏人はずっと当たらない…

アシダカグモが出て2ヶ月経過した結果

以前、家にアシダカグモが出たとのブログを書きそれから2ヶ月以上経過したがその後の状況を記載する。

www.jibunkijyun.net

アシダカグモとは

特徴①:でかい

とにかくでかい、胴体自体は公園などで巣を張っているやや大きめの蜘蛛(2~3cm)と然程変わらないが、足がとても長く手のひらを覆うほどで約10cm程度ある。
有名な大型蜘蛛のタランチュラほどでは無いが、それでも非常にでかく、CD1枚文くらいの大きさである。

特徴②:早い

でかいのに早い、メチャクチャ早く床で見つけたとしても1,2秒で天井付近まで登られる。 アシダカグモの捕食対象もとても早いので仕方が無いのだが、この大きさの蜘蛛が猛スピード動いていたら悲鳴がでる。

③:ゴキブリを捕食する

そして1番の特徴としては以前にも書いたがゴキブリを駆除してくれるところにある。 ニコニコ大百科には以下のように書かれている

アシダカグモの主食はゴキブリやハエなどの害虫であり、ゴキブリ対策を心得ている人間には、ムカデやヤモリに並ぶ駆除能力を有した最強のゴキハンターとしてその名を知られる益虫である(不快害虫でもあるが)。

昆虫学者の安富和男の著書『ゴキブリ3億年のひみつ』によると、
アシダカグモが2・3匹いる家では、そこに住むゴキブリは半年で全滅する

と書かれるほどの狩猟能力をもっている、まさに知る人ぞ知る仕事人である。
その実力に敬意を表して付けられた敬称が「アシダカ軍曹」であり、彼のことを良く知る人間(=ゴキブリ退治に頭を悩ませている人間)は、彼が家に現れたりすると「赴任してきた」としばしば言い表す。。
以下に、その特徴を記す(以下、敬意を表しアシダカグモのことを『軍曹』と表記する)。

まさにゴキブリ絶対殺すマンのような書き方である。

対ゴキブリ兵器

この様にゴキブリを根絶やしにしてくれるところからネットではアシダカ軍曹と呼ばれている。 だが、そのような頼もしいアシダカグモであるがやはり見た目が非常に怖いため始めてみたときには非常にビビった。 けれども家の中からゴキブリが一掃されるのであればそれも仕方がないと思い放置することを選んのだが、

普通にゴキブリが出た

以前にゴキブリがでた際にバルサンを焚き、その1週間後に再度焚くと逃げたゴキブリが産んだ卵から孵化した幼虫のゴキブリを殺すことが出来るからと言われ実施した際には1年近く出なかったが、まさかアシダカグモがでてわずか2ヶ月でゴキブリに遭遇してしまうとは思わなかった。

というよりもゴキブリなんて年に1回出るか出ないかくらいの発生確率だが、軍曹着任から2ヶ月で遭遇とは申し訳ないが期待はずれもいいところである。

前に猫を飼いだしてから一切でなくなった事があったので(何があったかは想像したくないくただ単に綺麗にいなくなったと思いたいが)見た目が怖いアシダカグモよりも猫の方が(理由は不明だが)ゴキブリが出なくなると思う。

これは、私の家がアシダカグモでは追いつかないくらい汚いのだろうか?

それとも、仕留め損ねたゴキブリがたまたま私が見つけてしまったのだろうか?

はたまた、アシダカグモが一掃してくれたので出ていった矢先に戻ってきたゴキブリだったのだろうか?

いくらでも考えられるのでとりあえずバルサンを焚いた。

1週間くらいをめどにもう一度買ってきて焚こうと思う。

まとめ

以上の結果からこのような結果となった。

f:id:nisiki_satika:20161025200449p:plain

猫の圧勝である。

ゴキブリが出なくなる理由は不明ではあるが、やはりゴキブリを駆除するには猫が最強ということがわかった。